? iPhoneでWordPressサイトのアクセス解析 - WordPressメモ
このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - iPhoneでWordPressサイトのアクセス解析 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - iPhoneでWordPressサイトのアクセス解析 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有

移動中でもiPhoneでアクセス解析できたらなぁと思い、iPhoneアプリの「Statisc for WordPress」を導入した。

値段は350円。

利用するには、事前に

  • プラグイン「WordPress.com Stats」をアクセス解析したいWordPressサイトにインストール
  • WordPress.com Statsを利用するために、API Keyの取得が必要(Akismetを導入している人は取得済みのはず)
  • 取得したAPI KeyをWordPress.com Statsに設定

の作業をしておきます。

次に、iPhoneアプリ「Statisc for WordPress」の設定ですが、

  • 起動画面(サイト一覧)で右上の「編集」ボタンをタッチ。
  • 「新しいサイトを追加する」をタッチ。
  • ブログタイトル(iPhoneでの名前なので何でも良い)、上記で取得したAPI Key、サイトアドレスを入力し、右上の「保存」をタッチ。

この操作の繰り返しで、複数のサイトを登録できます。

後は、解析するだけですね。

起動画面で、解析するサイトをタッチ。すると、グラフが表示されます(下図)。

メニューは4つ

  • 「トップ投稿文とページ」:アクセス解析時点での、アクセスの多い順に投稿やページのタイトルを一覧表示します。
  • 「推薦者」:いわゆるリファラーですね。
  • 「検索用語」:検索エンジン経由の場合の検索用語
  • 「クリック」:クリックされたURL

移動中でも、アクセス解析ができるようになり、便利になりました。

しかし、最近、WordPress公式アプリ?で無料の「WordPress」でも、アクセス解析機能ができるようになりました。がっくり!

これもプラグインの「WordPress.com Stats」を利用するので、設定は同じようなもの、もちろん、解析できる情報も同じようなもの。

違いは、上図のようなグラフがこちらには無いぐらいでしょうか。

グラフがあるとすぐにアクセス遷移がわかるので、「Statisc for WordPress」の方を使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

gbNobNURL

y[W㕔